調停委員の役割とは

夫婦の離婚交渉が難航して家庭裁判所に離婚の調停を申し立てられると、男女各1名からなる調停委員が選ばれて、夫婦の離婚交渉を円滑に進める為に両者にアドバイスをして、離婚交渉を進めます。調停委員の役割はあくまでも公平中立に離婚交渉を進めることが目的で、二人ずつ両者から話を聞いて、委員会を開いて交渉方針を決めたりします。

 

 

それで調停委員は離婚を円滑に進める為に、お互いの言い分を聞いて、どちらかが有利になるという解決策を取らずに双方が納得いく解決策を提案していきます。そして人生経験が豊富な立場から、夫と妻がともに納得のいく解決を目指していきます。

森林02

 

離婚交渉はただ離婚するだけではなく親権問題や財産分与の問題も有り、親権問題では調停委員は子供にはどちらに育てられれば幸せになるかを考えて、親権問題を子供の為に考えて子供を少しでも幸せに導く役割も果たしています。さらに財産分与では、夫婦の財産が公平に分配されるように、財産が作られる過程を調べ、夫や妻の財産に対する貢献度を判断しています。

 

 

調停委員は、夫婦の離婚協議を円滑に進め、双方に異論が無いように話し合いを進めるのを目的に、双方から話を聞いてまとめる役割を持って活動をしているということです。

 

コメントは受け付けていません。