協議離婚との違い

芝桜

 

離婚調停と協議離婚、この2つの違いはなんでしょうか。まず前者ですが、夫婦の話し合いによって行われる離婚のことです。離婚件数の中では最も多いもので、特に理由は必要とされません。夫婦が離婚に合意をして、役所に離婚届を提出すれば、それで離婚が成立します。また、養育費や慰謝料、財産分与といった金銭面での取り決めを明確にするため、公正証書を作成する必要があります。

 
一方で後者の離婚調停ですが、これは夫婦の話し合いでなく、お互いの言い分を、家庭裁判所の調停委員会が取りまとめ、それで合意に達した場合は離婚となる仕組みになっています。夫婦のどちらかが裁判所に申立を行い、出頭日に裁判所に出向くことになるのが、協議離婚との違いです。出頭といっても、夫婦が裁判所内で顔を合わすことはなく、調停委員に言い分を述べるだけにとどまります。

 
これで合意に達した場合は、調停調書が作成されます。これは協議離婚での公正証書に相当するもので、たとえば養育費などの支払がなされない場合には、強制執行がかけられます。しかし調停調書の場合はさらに、履行勧告というものがあります。これは、金銭的か否かにかかわらず、離婚した夫婦のどちらかが、調書で決められたことを守らない場合、守るように促してくれるシステムです。これも、話し合いによる離婚と、調停による離婚との大きな違いです。

コメントは受け付けていません。