メリット・デメリット

離婚というのはかなり精神的ダメージがあるものです。

 

よく結婚は勢いと言いますが、離婚は勢いでできるものではありません。そこには金銭が絡むからであり、二人の正反対の欲望も絡むからです。

 

こういう場合、協議離婚ではなかなか話がまとまらない時には、離婚調停が有効です。離婚調停のメリットは協議離婚で作成される公正証書と違って履行勧告がある調停調書があるのです。この調停調書は履行しない場合には裁判所から金銭の支払い命令が下されます。

 

だから離婚調停には家庭裁判所からの金銭の支払い命令があるということで、相手方にかなりの心理的圧迫があります。さらに調停委員がこじれている二人の間に入りますのでその面もメリットです。またもめている夫婦では相手の顔も見たくないこともありましょう。その際には相手の顔を見なくても進めることができます。特に相手側から暴力を受けている場合などには有効です。さらに費用面でも協議離婚より安く済みます。

 

離婚j調停のデメリットは平日の昼間に行われるので仕事を休まなくてはいけないことと、調停委員からの厳しいお説教をされることがあるので精神的に疲れることもあるということです。長期に及んだ場合、かなりの精神的負担になります。

コメントは受け付けていません。