持っていきたい物

離婚調停に行く時には、前もって持って行きたいものがありますので、チェックをしておきましょう。
忘れると、調停が遅れたり、それが原因で悪い印象を与えるなど自分に不利になることが多いので、しっかり抜かりないように確認をするようにしましょう。

 

 

まず、メモ帳と筆記用具です。
調停室では、出来るだけ自分や調停委員の発言はメモをしていきましょう。
録音機器の持ち込みは出来ません。
出来るだけ簡潔にまとめられるように、自分が使いやすい筆記具を持って行くと使いやすいでしょう。

 

 

次に、調停で要求された持ち物は必ず持参することです。
家庭裁判所から証拠品や書類など必要と要求された物があるので、必ず持参しましょう。
要求されているものを持ち物として持って行くのを忘れると、調停の進み具合に影響が出るばかりか、調停委員からの印象すら悪くなり自分にとっての不利な面をプラスしてしまう可能性すらあるからです。

 

 

そして、幼い子供が居る場合には、調停の間に預けることができるベビーベッドもあるのですが、実際に子供を連れて調停に出向くとなると気がかりなことも増えて来ますので、出来るだけ子供は誰かに見てもらえるようにしておいた方が万全な状態で臨めると言えます。

コメントは受け付けていません。