なぜ離婚調停が申し立てられるのか

}PgžxQ

 

離婚をするとき、まず初めに夫婦間での話し合いが行われるでしょう。こうして離婚することを協議離婚と言います。しかし、どちらか一方が離婚を拒んだ場合は離婚できないことになります。この時、離婚を望んでいる方は家庭裁判所に調停を申し出ます。これが離婚調停です。

 
離婚調停が申し立てられる条件は法律による定めがあります。不貞行為や悪意の遺棄があった、3年以上生死がわからない、回復の見込みのない重度の精神病を患った、その他性格の不一致やDV、浪費などの婚姻を継続しがたい重大な事由があった場合です。また、離婚調停は離婚自体に合意していても、財産分与や慰謝料、親権、養育費などの条件の折り合いがつかずにもめている場合も申し立てることが出来ます。

 
離婚調停は調停委員を挟んで話し合いをするので、本人同士が直接会わずに話し合いが出来ます。待合室でも調停室でも顔を合わすことがないのです。よって、暴力や暴言に困っている人にとっては安心できる環境です。

 
また、離婚調停には夫婦関係の修復を目的としたものもあるので、円満な夫婦関係を取り戻すために調停を行うこともあります。
よって、これらの条件が存在するときにのみ、離婚調停を申し立てることが可能です。

 
なお、離婚調停が成立しなかった場合は離婚審判・離婚訴訟などの離婚裁判になります。離婚調停をせずに離婚裁判は出来ません。

コメントは受け付けていません。